いざというときに困らないために!初めての葬儀にも役に立つ知識や常識を分かりやすく紹介

当サイトでは、いざというときに困らないために知っておきたい葬儀に関する情報を解説しています。
初めてのお葬式にも役に立つ、知識や常識を分かりやすく紹介していますので、万が一の時には参考になるかもしれません。
お葬式に小さな子供を連れていかなくなることもあるでしょう。
そのようなときに知っておくべき基本も解説しています。
また葬式には数珠は必要なのかという疑問にもお答えし、数珠の種類や選び方も説明しています。

いざというときに困らないために!初めての葬儀にも役に立つ知識や常識を分かりやすく紹介

マナーや作法が大切な葬儀に参列する際には、恥をかかないようにしなくてはならないというプレッシャーを感じる人もいるのではないでしょうか。
そういった場合には、まず葬儀にまつわる常識を知っておくのがお勧めです。
葬儀の場合にその場に合った服装が大切になります。
また香典の金額や用意の仕方、渡し方などの基本的なことも押さえておくと安心です。
葬儀という場に合ったマナーを守ることで、遺族に寄り添う気持ちを表現することができます。

葬儀に行くときの身だしなみや服装の常識

様々な季節に葬儀が行われることがありますが、参列する際にはどのような服装を選べば良いのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
改まったお別れの場である葬儀に参列するときには、マナーに合った喪服を着ることが大事です。
男性の場合には葬儀ではブラックスーツに白いシャツを合わせて、黒のネクタイを締めます。
靴下や靴も黒で統一するのがポイントです。
ただしお通夜は喪服でなくても、ダークスーツで良いとされています。
女性の場合には喪服のワンピースやアンサンブルなどを着用することが多いです。
肌の露出が少ないものが良いので、スカートの丈はひざ下のものが良いでしょう。
また体のラインが出ないようなデザインのものを選ぶのもマナーです。
そして黒のストッキングとパンプスを合わせます。
基本的には葬儀では夏でも長袖が基本なので、ジャケットは持参するのがおすすめです。
冬は中に防寒対策の下着やセーターを着用するのが良いです。

宗派によって葬儀はどのような点が異なるのか?

意外と知らない方が多いのですが、宗教や宗派の違いから執り行われる葬儀の内容は違ってくるので知っておくとこの先便利でしょう。
日本人の多くは仏教に属しているため、基本的には葬儀は焼香をメインに行われることがほとんどです。
また、火葬することが一般的で、お経を唱えて供養するスタイルが確立されています。
アメリカや欧州の場合だとキリスト教が広く知れ渡っているので、十字架を使用した協会での供養がメインになってきます。
そして、日本とは違って土葬をすることが一般的となっているため、国によって葬儀の仕方は大きく変わってくることが分かるかと思います。
それから、仏教はどれもみんな一緒と言うわけではなく、宗派によって行い方がかなり違ってきます。
例えば、浄土宗や時宗に属しているのであれば阿弥陀経を経典にしていたり、臨済宗であれば般若心経、天台宗であれば妙法蓮華経などが経典になります。
それぞれお焼香の仕方や線香の本数が異なってくるので、自分が属しているところはどのような決まりがあるのかを事前に調べておくと良いでしょう。

葬儀に呼ばれた際に用事で行けない場合の断り方マナー

葬儀に呼ばれた際に用事で行けない場合の断り方ですが、相手に失礼のないようにすることは葬儀だけではなく冠婚葬祭の全てに共通する基本的なことです。
お葬式の場合、用事で行けない際には、簡潔に断ることが適切であり、長々と理由を述べたてるようなことはすべきではありません。
遺族は故人を失った悲しみの最中にあるわけですから、こちらの事情など率直に言って知ったことではなく、関心もないことが普通だからです。
そのような際に事細かに理由を伝えても意味がなく、鬱陶しいだけでしょう。
諸事情によりとか、都合がつかないためといった簡潔な形が最も適切です。
会社などで取りまとめをしているような際には、その担当者に同様のことを連絡するだけで構いません。
なお、通夜と告別式が開催されて参列が求められている場合、どちらか片方だけでも参加できる場合は欠席扱いと考える必要はないというか、そもそも欠席扱いではないのですから断る必要もありません。

葬儀で包むお香典に関する知識やマナー

葬儀で渡すお香典の金額の相場は、個人との間柄や年齢などによって変わってきます。
職場の同僚や友人の場合20代で3,000円~5,000円、30代以上になると1万円~5万円ほど。
両親や親戚の場合は20代が5万円ほど、30代以上は5万円~10万円程度が相場です。
また香典袋にも様々な種類があり、宗教や地域によっても使う袋や表書きの内容が異なるので、必ず確認してから用意してください。
表書きには自分の名前をフルネームで記載し、中包の裏面にも名前と住所を記入しましょう。
ご祝儀の場合は新札を入れますが香典の場合新札は好ましくありません。
包む際はお札を確認し、もし新札だった場合は折り目を付けるなどしてから入れるのがベスト。
葬儀で香典を渡すタイミングは受付を済ませた後が好ましいです。
「この度はご愁傷さまです」などとお悔やみの言葉を一言述べてから渡すようにしてください。
ご遺族の失礼にならないためにも、マナーや作法には十分気をつけましょう。

葬儀に関する情報サイト
葬儀に関する情報サイト

当サイトでは、いざというときに困らないために知っておきたい葬儀に関する情報を解説しています。初めてのお葬式にも役に立つ、知識や常識を分かりやすく紹介していますので、万が一の時には参考になるかもしれません。お葬式に小さな子供を連れていかなくなることもあるでしょう。そのようなときに知っておくべき基本も解説しています。また葬式には数珠は必要なのかという疑問にもお答えし、数珠の種類や選び方も説明しています。

Search